心のこもったペットのお葬式を・・・

お葬式(火葬)の選び方

お葬式をする意味

最後にわが子にしてあげられること
これまで共に暮らしてきた家族ですから、きちんと弔ってあげることも飼い主さんの重要な役割です。 別れはとても辛いことですが、たくさんの思い出を残してくれたわが子に感謝の気持ちを込めてお葬式をあげ、供養してあげましょう。
飼い主さんにとっての「心の整理」
お葬式(火葬)の準備からその後の供養まで、時間をかけ段階を踏んで儀式を行うことは、わが子との対話であると同時に飼い主さん自身の心を見つめることでもあります。 焦る必要はありません。悲しみを我慢する必要もありません。ゆっくりご自身の気持ちと向き合ってください。

お葬式(火葬)の選び方

ペットのお葬式(火葬)や供養の方法に決まりはありませんので、わが子らしく、ご家族が納得でき悔いの残らないのはどんな方法か、ということを大切にしてお決めになってはいかがでしょうか。

一般的に、どうぶつが亡くなったらペット葬祭業者または自治体へ火葬を依頼します(自治体での火葬は役所等にご相談ください)。霊園でのお葬式(火葬)にはいくつか方法があります。 また、火葬後のお骨はどのように供養したいか、どんな霊園でお葬式(火葬)を行うか、ということも重要なポイントです。

わが子と向き合い、思い出を振り返りながら考えてみましょう。

3つのポイント

どうぶつのお葬式(火葬)方法を決めるには3つのポイントがあります。

Step 1 お葬式(火葬)と供養の方法を決める


お葬式(火葬)と供養の方法を決める

Step 2 ペット霊園を選ぶ

ご希望のプランが決まったら、ペット霊園をいくつか比較・検討してみましょう。その際、以下のポイントなどを確認します。
プラン まずは、ご希望のお葬式(火葬)・供養の方法が叶えられる霊園かどうかを確認しましょう。
場所 場所は重要なポイントです。霊園の近隣地域であれば送迎サービスがある霊園もあります。今後も霊園に通うことを考えて、距離や交通機関も考慮しておきたいですね。
宗教・雰囲気 厳かな雰囲気が漂う寺院付属の霊園や、明るくモダンな雰囲気の霊園など、雰囲気も様々です。わが子や飼い主さんにとって心地良いと思う霊園を選ぶことが大切です。
設備・規模 多くの霊園には、セレモニーを行う部屋、火葬炉、納骨堂などの設備がありますが、規模やスタイルは霊園によって様々です。
明瞭な価格説明 基本料金には何が含まれるのか、何がオプションで料金はいくらなのか等、事前にわかりやすく説明されていると安心して任せられますし、後のトラブル防止にもなります。

Step 3 問い合わせる

不安なことは何でも聞いて解決しておきましょう。電話で問合せすることもできますし、事前に霊園を見学することもできます。スタッフの対応も重要なポイントです。
~事前に確認しておきたいこと~